渓流釣り必須アイテム!ランディングネットの選び方とおすすめ!

渓流用ランディングネット

出典:FOSTER

渓流釣りにはランディングネットが必須!

最近始めた渓流釣りですが、なんとなくランディングネットが必要な事は感じつつ、あとまわしにしていたんですが、その必要性を感じるシーンが多々あったため急いで購入しました。今回はそんなランディングネットの必要性や、特徴、オススメについて書きたいと思います。

渓流釣りにランディングネットが必須な理由。

筆者は単純に、足元で数回バラしてしまった事、そして釣り上げた魚を岩の間の浅い場所に置いて写真を取ろうとしたら逃げられた事…。悔しかったので自宅に帰り、すぐにランディングネットを購入りました。もちろん他にもランディングネットが必須な理由はいくつかあります。

・確実に魚をキャッチする
・極力手で触る事を避け魚を守る
・キャッチした魚が逃げないようにする

渓流用のランディングネットの素材

渓流用のランディングネットの素材は枠は木製の物が多いのですが、ネット部分は様々な素材の物が販売されています。素材によっては魚のぬめりをとってしまう事などがあり、魚にダメージを与えてしまうことになります。ほかにも以下のようなポイントを意識して選ぶと良いでしょう。

・魚へのダメージ
・フックなどのからみにくさ
・価格帯
・軽さや携行性

クレモナ糸

ビニロンとポリエステルの混紡糸ネット素材。以前までは渓流用ランディングネットの定番だったが、最近になり魚へのダメージが大きい事から移行が始まっている。定番だけあり、魚と一緒に写真に写った際の様子が良く、高価な物が多い印象。

ナイロンメッシュ

魚へのダメージはクレモナ糸よりは少ないが、網目が細かくフックが絡みやすい。また価格は安価で手に入りやすい

ラバーコート

ナイロンメッシュをラバーコーティングしたもの、ナイロンメッシュの魚へのダメージとフックの絡まりを克服した上位互換。お値段が少しあがる。

シリコンラバー

魚へのダメージやフックの絡まりがもっとも少ないもの。ただ、ネット自体が固く少し携行性に劣る。写真に写った際のかっこよさもほかよりは劣るが最近では結構使う人も増えてきて見慣れた印象。

渓流用おすすめライディングネット

以上の条件を踏まえて、渓流用におすすめのランディングネットを紹介します。また、購入の際は対象の魚種におおじてサイズには注意して下さい。筆者ははじめ間違って結構大きめのシリコンラバーを買ってしまい、邪魔なだけでなく小さめのヤマメの多いフィールドでは確実にネットの隙間を逃げられるサイズでした…。

riverpeak ランディングネット ラバーコーティング ランディングネットS RP-NT700

木製の中ではかなり安価のラバーコーテイングネット。重さも135gと軽量。サイズは編みの部分が25cm×15cmとかなり小型。大きめのサイズのトラウトへの使用は難しい。

Yoomoo フライ ランディングネット 木製 ラバーネット 渓流 曲柄 3.5kgネオジウム磁石

腰などにひっかけてひっぱれはすぐに外せるマグネットリリーサーがはじめからセットになった安価な木製ランディングネット。持ち手の部分が曲がっていてかっこいい!サイズ展開はいくつかあるようです。

GRAIN(グレイン)  ハンドメイドランディングネット オリーブ 40cm S

クレモナ糸を使ったバレーヒル社のハンドメイドライディングネット。クレモナ木製ハンドメイドのなかでは安価なほうです。クレモナの色の感じなどはやはりかっこいいですね。サイズは少し小さめ

ダイワ ランディングネット ワンタッチ渓流ダモ 30 グレー

人気の大手釣り具メーカーDAIWAのランディングネット。折りたたみ可能で専用のバッグも付いてくるため、キャンプなども兼ねた重装備の釣行の際などには重宝します。

Handy Pak Net (ハンディパックネット) インスタネット 革ケース ウッドハンドル ラバーネット

魚へのダメージがもっとも少ないラバーネット。ウエストベルトに通すタイプの革製の専用ケースもついていて他にはないデザインの一品。

おまけ

アブガルシア(Abu Garcia) マグネットリリーサー3.5

ランディングネットを素早く取り出すためのツールです。一方をカラビナで腰やフィッシングペストに装着しもう一方に装着したネットをマグネットの力でつないぎ、ひっぱるだけで外せるようにしたもの。

最後に

今回はヤマメやイワナサイズの渓流釣りを想定して、少し小さめのサイズのランディングネットを厳選しましたが、ニジマスやサクラマスなど、もう少し大きめの魚種を狙い方はもう少し大きなサイズを選ぶべきかと思います。

ランディングネットをゲットして確実に魚をキャッチしましょう。