雷魚ロッドの選び方とオススメ雷魚ロッド

オススメ雷魚ロッド

とにかく強い雷魚用ロッド!

雷魚ロッドは基本的に固くで強靭なものが多いです。その理由としては雷魚は日本で釣る事が出来る淡水魚の中でもかなり大きなサイズになることや、雷魚がカバーの多い池などに好んで生息する事から、釣り上げた際にたくさんの水草もからまり更に重くなると言ったことが挙げられます。また、あわせて雷魚の硬い口にフックをかけるには、力強いフッキングが必要な事などもあります。

今回はそんな雷魚用のロッドの中から自分にあった一本を見つける為の選び方のコツやおすすめの雷魚ロッドを紹介したいと思います。

雷魚ロッドの特徴と選び方

雷魚ロッドは長い!その理由は?

遠投がやりやすい

雷魚ロッドは基本的には硬く設計されており、しなりがあまりありません。その為キャストの際には竿のしなりを利用せず、竿全体の遠心力で投げるイメージとなります。その為雷魚ロッドでキャスト距離を伸ばすためにはロッドを長くするという事になります。

フッキングのパワーバランス

雷魚ロッドのようなしなりのないロッドで勢いよくフッキングをすると、ルアーを弾いてしまう場合があります。その為ロッドを長くすることでフッキングの際にルアーへかかる力を弱めます。この事から基本的に雷魚ロッドは短くなるほど柔らかく、長くなるど固くなる傾向にあり、その基本に反したロッドは特化型という分類になり、ある一定の条件下でのみパワーを発揮するクセの強いロッドとなります。

長さは6ft〜8ft

長さは6ft〜8ftくらいが多く、6ft後半から7ftでショート、7ft台が中間となり8ft~ロングロッドとなります。

よく行くフィールドで選ぼう

他の釣りと違い、雷魚はルアーーもフロッグ一択の為、普段雷魚釣りをするエリアによって、ロッドを選ぶのが最適です。

クリークや用水路エリアはショート

クリークや用水路のような狭く、小さなエリアがメインとなる場合は、遠投の必要がなく、また足元などの近くでかかる場合が多い事や、取り回しがいい為ショートロッドが最適である。

雷魚釣りクリーク

・遠投の必要がない
・近くでかかる場合フッキングが優位
・取り回しがいい
大きな池などではロング

大きな池などでの利用が多い場合は、遠投が出来るロングタイプを選ぶのがおすすめです。またロングタイプであれば、アシを超えた上からのキャストや遠くのルアーにアクションを伝える際などにも便利です。

雷魚釣り池

・遠投がしやすい
・遠くでかかるった場合フッキングが優位
・遠くのルアーにアクションをつけやすい
・アシなどの高い水草の上から操作出来る
どちらかわからない場合や最初の一本には中間

どちらのフィールドにも行く場合がある場合や、はじめての雷魚ロッドには7ft中盤くらいの中間的な長さのロッドを選ぶのをオススメします。そこでもっと遠くへ飛ばしたいと思えばロング、もっと短いほうが使いやすいと思えばショートを購入するのも良いでしょう

ロッド硬さについて

ロッドの硬さはL(ライト)、M(ミディアム)、H(ヘヴィー)などありますが、これはメーカー独自の規格ではりますので、例えばA社MとB社のHは同じ位と言ったことはよくあります。どちらかというとルアーサイズや対応PEラインの号数を参考に選ぶと良いでしょう。

ラインはPEの6号以上

ただでさえ大きな雷魚ですが、カバーエリアで釣れた際は水草も絡まり結構な重量となります。ラインは絶対切れないPEの6号異常を使いましょう。また、ロッドも自ずと最も柔らかい 雷魚用ロッドはPE6号対応で、それ以下は少しスペック不足ということになります。

 

おすすめの雷魚ロッド

アブガルシア  ワールドモンスター WMSC-734H

バラマンディ、ピラルク、ガーパイクにレッドテールキャットなどの世界の大型怪魚や、パワーの必要な雷魚ハントに挑めるロッドスペックを実現した「モンスターハントロッド」。さらに海外遠征を見据えた4ピースのパックロッドになっており、仕舞寸法60cmで持ち運びにも便利です。普段車移動が少ない方やすでに雷魚、海外遠征をお考えの方などには特にオススメ

スミス マグナムハスキーNEX

パワーゲーム前提の雷魚ロッドにおいて、そのヘビーな作りがゆえに問題となってくる「操作性向上」と「バラシにくさ」、特にその2項目を重要視して開発されたマグナムハスキーNEX シリーズ。ショートからロング、硬さはエクストラヘビーまで様々。

Tulala(ツララ)Apsaras81(アプラサス)

怪魚ロッドで人気のTulala(ツララ)から販売されている雷魚ロッド。スレた魚を狙いつロングキャストモデル。遠投性に優れ、ロングディスタンスにおける操作性・フッキングの良さはシリーズ随一。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド バロンナイト

ブランクの設計から巻きつけ、塗装、組み立て、出荷まで全てを国内自社工場で一貫生産にこだわるヤマガブランクス。ピンポイントキャストの精度を上げつつ、シーバスロッドのように振り抜いての遠投やサイドキャストでシェードの下へのキャストなど繊細な釣りが可能に。

ひしも マルチピース雷魚ロッド チャドーゴースト

かつて人気を誇ったゼニス社の雷魚ロッド「ひしも」そのゼニス社を退職された方が代表を務める「株式会社ひしも」の雷魚ロッドチャドーゴースト。雷魚ロッドですがカムルチーではなく東南アジアのチャドー(トーマン、レッドスネークヘッド)が描かれており、海外遠征にも使用可能の軽量なパックロッドとなっている。軽くてしなやかで汎用性の高いロッドだ。

バレーヒル(ValleyHill) GUN2

雷魚ロッドの定番ロッドの1つでもあるGUN2シリーズ。贅肉を削ぎ落とし、本当に必要なスペックを追求すことで見える本質。カバーエリアから暴れるライギョをしっかり引きずり出す事。ウィードレスプラグを時には正確に、時にはより遠くにプレゼンテーションできる事。この二点を突き詰めた、企画も開発もフィールドを原点にした完全なオリジナルロッド。

低価格でお手頃な雷魚ロッド

強靭なスペックが要求される為、どうしても高額になってしまう雷魚ロッドですが、近年まれに低価格のモデルも販売されています。基本的なスペックは十分雷魚に対応しているため、まずは入門的にしようしてみるのもいいかも?