雷魚の生態を知って釣りに活かそう

雷魚の生態

出典:魚類図鑑・カムルチー

雷魚の生態を知って釣りに活かそう

雷魚とは?

雷魚は英語でSnakeheadとよばれ、その名の通り蛇のような模様が特徴の魚です。スズキ目に属している為、以外にもブラックバスと同じですね。雷魚は世界中に分布していて得に東南アジアにてチャドーやトーマン、と呼ばれているジャイアントスネークヘッドなどが有名です。今回はそんな雷魚の中でも日本に生息しているカムルチーという種類について説明したいと思います。

雷魚(カムルチー)の生息地

最大で1m程度まで成長する。中国から朝鮮半島、アムール川流域までのロシア沿海地方に分布する。日本には1923年-1924年頃に、朝鮮半島から奈良県に持ち込まれ、以後全国に持ち出された。「カムルチー」は朝鮮語での呼称(가물치)である。ノーザンスネークヘッドとも呼ばれる。

出典: wikipedia ライギョhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%A7

雷魚は日本全国の河川に生息しています。大きな池などにも生息をしていますが、釣り目的で探す場合は以下のような場所が好ましいです。

  • 流れが弱く水量の増減が少ない河川
  • 水深の浅い場所
  • ハス、ヒシ、などの水生植物が豊富な場所
  • 田園地域のクリークなどの用水路
  • 河川の中でも泥底のエリア

雷魚の形態

雷魚は空気呼吸を行う事が出来る為、汚れた水や酸素の少ない水域でも生息可能です。その為定期的に水面にあがり呼吸を行います。このタイミングを見計らってルアーを投げる「呼吸うち」と呼ばれる釣り方も存在します。

また雷魚のサイズに関しては最大で70cmから1mほどまで成長し、記録に残っている日本最大の個体は121cmと言われています。こちらの「でんでんまる」さんがyoutubeにて、環境的要因などからそのサイズになった背景等を調べた動画を投稿してます。とても興味深い内容になっているので一度ご覧ください。

出典:日本記録!121cm雷魚の謎に迫る!【謎に迫るシリーズ第一回】

雷魚のエサ

雷魚は肉食(フィッシュイーター)で、昆虫や魚、カエル、水鳥のひなやネズミなどまで捕食すると言われています。

雷魚の活動期間

雷魚は水温が約15℃以上になる時期に活動を行う為、季節でいうと4月~10月頃までが活動期間となり、それ以外の水温の低い冬には水草や泥の中に潜り込み,ほぼ冬眠状態で冬を越す。

ブラックバスやブルーギルの登場や、河川の護岸工事などにより冬眠を行う泥底や水草が減少したことなどから、国内での個体数は減少している。

雷魚の生態

雷魚は春から活動を始め、夏には産卵を行います。その際はネストと呼ばれるドーナツ状の巣を作り、オスメス共に巣を守る習慣があります。このネストに対してルアーを投げると威嚇の為ルアーに食いつき為容易に釣る事が出来きますが、その後雷魚が子育てを放棄し、他の魚の餌食になってしまうため一般的にはネストは狙わないという暗黙のルールが存在します。

また活動は日中に行う昼行性となっており、釣りに行くなら日中です。水温が低くなると活性が下がる性質があるため春や秋などは気温が上がりだす昼から午後にかけてがオススメ。

雷魚って食べられるの?

雷魚には有棘顎口虫という寄生虫がいるため刺身などの生食は出来ません。ただ、東南アジア、中国、韓国などでは食べられているようで、淡白で小骨も少なく食べやすいらしいです。youtubeなどではよく食べてみた動画が上がっているので見ながら調理してみると食べられなくもないかも?

出典:フグより美味い!?巨大ライギョをさばいたら体内構造がすごかった!!!!!

最後に

冬眠を行うため、シーズンのオンオフがはっきりしている雷魚。筆者もあたたかい時期は雷魚釣りをしますが、冬の時期は逆に音楽活動を中心に行っていたりします。そういったメリハリのある趣味も以外と楽しいです。

雷魚の特性をしっかり理解して釣りを楽しみましょう