DJ必須アイテム「DJ用のヘッドフォン」を選ぼう

DJ用ヘッドフォン

DJはDJ用のヘッドフォンを使おう

DJにとってヘッドフォンは必須アイテム、それぞれが自分のお気に入りのヘッドフォンを使用しています。ではそもそもDJ用のヘッドフォンは普通のヘッドフォンとなにが違うのか?どういった特徴のモノを選べば良いのかについてお伝えします。

DJ用ヘッドフォンの特徴とチェックポイント

まずDJがなぜヘッドフォンが必要なのか?それは大音量で音楽が流れているクラブの中でDJはヘッドフォンを使い次に流す曲を聞いて、曲のテンポやスタートの位置などを調整したり、音質を確認したりしています。

そのような使い方を想定して以下の点がDJ用ヘッドフォンに必要な機能となります。

周りの音を遮断する密閉型

ヘッドフォンには主に、開放型(オープンエアー)と密閉型があります。開放型は周りの音が聞こえるタイプで、密閉型は周りの音を遮断するタイプです。

大音量の中で曲を聞かなければならないDJは密閉型を選ばなければいけません。逆に開放型は音の広がりが感じられ、聴き疲れしにくい為、自宅などでのリスニング向けの利用に最適です。

有線ケーブルで可能であれば交換可能モデル

Bluetoothなどの無線ヘッドフォンはDJブースと接続が出来ない為使用出来ない為、有線ケーブルの製品を選びましょう。ケーブルはブースの中を移動出来る用に十分な長さのものがベストです。さらにケーブルが交換可能なモデルであれば長さの変更やケーブルが断線しても交換のみで修理が出来るので助かります。

片耳での視聴や首にかけた時に邪魔にならない

DJといえばヘッドフォンの片耳出しですね。むしろ片耳だけを使用するDJもいます。なぜ片耳をだしているかというと、ヘッドフォンで次の曲を聴きながらフロアに流れている方の曲とテンポやタイミングをあわせる為です。

製品によってイヤーパッド部分が可動するものなどもあります。またしばしばヘッドフォンを完全に外して首にかけた状態にもなります。その際にしばしばイヤーパッドが大きすぎるものは結構邪魔になる印象があるのでそういった製品も個人的には避けたいところです。

持ち運びの際コンパクトに折りたためる

DJは当たり前ですが、ヘッドフォンを持ち歩きます。持ち運びの際に折りたたみが出来るモデルは場所をとらずにとても便利です。

ヘッドフォンのスペックについて

ヘッドフォンは製品ごとにスペック(性能)が提示されています。商品選びの際に参考にしましょう。

インピーダンス 低いほど大音量

電気抵抗の大きさのを示す値で、抵抗が小さいほど流れる電流が多くなり最大音量が大きくなります。ただしその分ノイズが増える傾向にあります。

音圧感度 大きいほど大音量で感度もいい

再生される音の強さの値。インピーダンスとあまり変わらない値に思えますが、感度も一緒に上がるところが特徴です。比較する際は3dB/mW以上の差があると実際に違いがわかると言われています。

再生周波数帯域  出せる音域の広さ

再生周波数帯域が広いからといって良い音とは限りません。ちなみに人間が聞き取れる可聴域は20~20,000Hzと言われていますが、それを超えた認識出来ない音域も効き心地に影響すると言われています。

コスパ重視のDJ用ヘッドフォン5製品を比較

上述した内容を踏まえてDJ用ヘッドフォンとしてつかえて、なおかつ初心者でも気軽に導入出来る低価格商品をご紹介します。

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / HD25

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / HD25 モニターヘッドホン
SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / HD25 モニターヘッドホン

ドイツの人気メーカーのゼンハイザーのHD25。得に海外のDJなんかがよく使っている印象があります。イヤーパッドがかなりスマートで首掛けしたときに邪魔になりにくいです。

  • 周波数特性:16~22,000Hz
  • インピーダンス:70Ω
  • 感度:120dB
  • ケーブル:約1.5mスチールケーブル(右側片出し)
  • 本体重量:約166g(ケーブル、プラグ含む)

Pioneer DJ ( パイオニア ) / HDJ-X5-K

Pioneer DJ ( パイオニア ) / HDJ-X5-K ブラック
Pioneer DJ ( パイオニア ) / HDJ-X5-K ブラック

CDJシェアNo.1のPioneerのヘッドフォンはDJに人気。その中でも低価格で上位機種の音質を実現したモデルがこちら。耐久性、音質に優れ、折りたたみも可能なトータルバランスの取れた製品

  • 周波数特性:5~30,000Hz
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:102dB
  • ケーブル:1.2 m カールコード(1.8m extended length)
  • 重量:269g

audio technica ( オーディオテクニカ ) / ATH-PRO5X BK

audio technica ( オーディオテクニカ ) / ATH-PRO5X BK DJ用ヘッドホン
audio technica ( オーディオテクニカ ) / ATH-PRO5X BK DJ用ヘッドホン

人気メーカーaudio technicaの低価格帯モデル。1万円を切る値段で購入可能。カールケーブルとストレートケーブルが付属していて便利。

  • 再生周波数帯域 5~35,000Hz
  • インピーダンス 34Ω
  • 音圧感度 100dB/mW
  • ケーブル:着脱式、片出し 1.2mストレートケーブル(3.5mm金メッキステレオミニ、L型)、カールケーブル(1.2m~3.0m、3.5mm金メッキステレオミニ、L型)
  • 質量(コード除く):250g

AIAIAI ( アイアイアイ ) / TMA-2 DJ Preset

AIAIAI ( アイアイアイ ) / TMA-2 DJ Preset
AIAIAI ( アイアイアイ ) / TMA-2 DJ Preset

好みに合わせてカスタマイズが出来るヘッドフォンAIAIAIのDJプリセット。シンプルで飽きのこないシックなデザイン。DJ以外の用途でも使用する方は交換部品を集めて用途に合わせてカスタマイズするのもいいかも

  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:117 dB
  • ケーブル:1.5m コイルケーブル

SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST

SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン
SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン

こちらはDJ用ではなく、スタジオモニター用ヘッドフォンとしてかなりの人気を誇る製品ですが、DJ時に使用している方は結構見かけます。装着した際の締付けがなくノンストレスで長時間使用が可能です。DJ以外にも多目的に使える製品です。

  • 再生周波数帯域:5~30,000Hz
  • インピーダンス:63Ω
  • 感度:106dB
  • ケーブル:2.5m ストレート
  • 重量:200g(コード含まず)

最後に

今回紹介したヘッドフォン以外にもたくさんのDJ用ヘッドフォンがあります。好きなDJが使用しているものや、好きなジャンルのDJさんがよく使用しているものなどを選ぶのが無難かも知れませんね。