ナマズロッドの特徴とおすすめのナマズロッド

ナマズロッド

ナマズ釣りに特化したナマズ専用ロッド

日本中の河川に生息する日本固有種の大型フィッシュイーターのナマズはここ数年釣りの対象魚としてとても人気が出てきています。そこで以前まではバスロッドや雷魚用のロッドが流用されていましたが、いまでは専用のロッドも数多く販売されています。今回はそんなナマズ用ロッドの特徴とオススメのロッドを紹介して行きたいと思います。

ナマズの釣り方と性質

ナマズ釣りは活性が高くなる夜のナイトゲームが基本で、音に反応して捕食を行う為、音や引き波の出る表層系ルアーを使った釣りが主流となります。ナマズはとても反応がよく流れ込みやアシ際などでは高確率で反応し豪快な捕食音と共にバイトがありますが、あまり捕食がうまくない為なかなか乗りづらいです…。一回のキャストで数回バイトがあってものらない時もあります。ルアーがないところにバイトすることも多々…w。

・60cmを超える大型の魚
・捕食が下手で飲み込みづらい
・池などより一般的な狭めの河川で釣りやすい
・のった後の激しい首振り

ナマズ用ロッドに必要な性質

ナマズの生息エリア

ナマズがいる場所

上記の特徴を踏まえて考えると、大型の魚であることや雷魚と同じく硬い口にフックをかける為にもヘビーやミディアムヘビーといった硬さのバス用、雷魚用ロッドを流用することが考えられます。しかし捕食が下手なナマズはあまりに硬いロッドだとルアーを弾いてしまい、なかなかフッキングが決まりません。またフッキングが決まったあとにも激しい首振りに対応出来る柔軟性が必要となります。そんな以下の特徴を踏まえて開発されているのがナマズ専用ロッドとなります。

・フッキングが決まるある程度のハリ
・ナマズが持ち込みやすいティップの柔らかさ
・河川での取り回しに便利な6ft〜7ft程度の長さ
・パワーのあるベイトロッド

ナマズ用ロッドの素材

ナイトゲームのナマズ用ロッドには特に柔らかさのあるグラスロッドがおすすめ。ただし、グラスにもその配合量によって特性が違ったり、カーボンがいいかグラスが良いかも含めて好みにわかれる。

カーボンロッド:軽量で細い。シャキッとしている
フルグラスロッド(100%グラス):しなやかで折れにくい
グラスコンポジットロッド(カーボンとグラス複合):グラスの粘り強さとカーボンのシャキッとした感じを併せ持つ

ナマズ用のラインはPEラインの5号程度

大型のナマズにはやはり強度のあるPEライン(5号前後)をオススメします。こちらの製品はナマズ用に開発されたPEで、超低伸度+超高感度という素材特性で、食いの下手なナマズのバイトを確実に捕らえます。 ロッドの性能+ラインの性能でナマズの食いの下手さを徹底的にカバーしましょう。

ナマズ用ロッドのオススメ

ジャッカル ナジーチョイス NAZZY CHOICE SG NAC-SG67ML.

「ナマプロ狂犬」こと山戸田恵一氏によって生まれたロッド。それが”Nazzy Choice SG / ナジーチョイス SG”です。ソフトなティップとPEラインのライントラブルを軽減するスパイラルガイドを搭載したナマズロッドの定番。

メジャークラフト ナマズロッド ベイト SELVA(セルヴァ)フルグラス鯰モデル

コスパの高いロッドでおなじみのメジャークラフトの1万円台で購入できるフルグラスロッド。6.6ftのミデイアムから、7.4ftのミディアムヘビーまで長さや硬さの違うタイプの8種類発売されています。

テイルウォーク TW ナマゾン C58MH 15664

こちらも同じく低価格のナマズロッド。ネーミングが超素敵!ナマズとアマゾンのどちらでも使える怪魚対応のカーボンチューブラー性ナマズロッド。

スミス(SMITH LTD) ナマンチュ DNAZ-66M.

ナマズ専用ロッドのパイオニア「鯰人(ナマンチュ)」ナイトゲームを前提にした以前のモデルとは少し異なり、グラスコンポジットのカーボン含有率を増やすことで「乗せ重視」から「掛け重視」へとセッティングを変更したロッド。ネーミングとロッドのカラーが渋くてかっこいい!

※スピニングモデル

 

最後に

ナマズ釣りは日本中どこにでもいて手軽な上、その迫力のある捕食がとても魅力的な釣りです。もし現在バスロッドや雷魚ロッドで代用すると、予想以上にフッキングが決まらず苦戦する事もあるかと思います。そんな時はやはりナマズロッドを一本購入してみても良いかも知れませんね。